しゅんぺーのプロフィール

しゅんぺー

どうも!しゅんぺーです!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

僕は欧米輸入やブログ、コンサルを主軸に、パソコン1台で収入を得て生活しています。

このページでは、自己紹介を含めた生き方や考え方、価値観をお伝えしたいと思います。

現在、会社員や公務員として働いている方に読んでいただいて、何か得られるものがあれば幸いです。

しゅんぺー

兵庫県淡路島出身の27歳。

 

Mr.Childrenとバスケットボール、映画をこよなく愛する元教師。

 

大学卒業後は中学校の教師をしていました。 子どもたちは好きだけど、働き方に不自由さを感じて転校(転職)。

 

今では、パソコン1台で時間や場所を問わず枠にはまらない働き方を実現しています。

 

ノマドワーカーという働き方です。  

 

映画が好きなので、平日が公開初日の映画にも真っ先に見に行くことができます。

 

友人と会う時でも相手の都合にいつでも合わせられる便利な生活をしています。

 

そして、旅行をしたいと思ったら平日のど真ん中でも関係なく自分の好きな日程で旅に出ることができます。

 

当ブログでは、その旅の模様を中心にナビゲーションしています。

 

今思うと学校という職場を抜け出して、自分のビジネスを持つことは勇気のいる決断だったのですが、本当にノマドワーカーという働き方を選択してよかったです。

 

むしろ、こんなにも自分の人生を自分で作っていける生き方や働き方があるなんて夢にも思っていませんでした。

 

とはいえ私は元々先生しかやることがない、先生をしていれば安心だ、と思っていた学校以外の社会を知らない世間知らずの一般人以下の一般人でした。

部活動に明け暮れた学生時代

僕の学生時代はひたすら部活動のエピソードしかありません。 

 

一人で旅をした経験はありませんでした。  

 

ヒッチハイクもしたことがないし、留学経験もありません。

しゅんぺー

でも、憧れはあったと思います。人生で自由になれたら冒険に出てみたい!くらいの気持ちはありました。

そんな僕は、小学生から大学まで部活動一筋で過ごし、将来が安定してそうな教師という道を目指していました。

 

小学4年生から始めたバスケットボールに大学4年生までみっちり、がっつり浸かっていました。

 

友達がやっていたから始めたバスケですが、どんどん成長していく感覚が楽しくてハマっていったんですね。

 

有名な選手(今プロになっているような選手)と試合ができたり、しんどい練習を仲間と一緒に耐えたり、経験やメンタルは鍛えられたかなと思います。

 

しかし、県で優勝・優秀選手などそこそこの実績はあるものの、「バスケばっかりやってても将来はこれでは食っていけないぞ」って思い始めたのは高校生の時でした。

 

でも、バスケは大好きで何かしら将来も関わっていければと思っていました。

 

なので、バスケが活かせる職業がないかと考えた結果、出てきたのが”教師”でした。

 

『部活動の指導でバスケ教えられるやん!これって楽しいし、楽そう!』って思いました。
(大好きな給食も食べられるということで一石二鳥でした!笑)

 

中学校の保健体育の先生になれば両方叶うだろうと思い、教師を目指すことにしました。

 

教師になると決めたら、志望校を目指してまっしぐらでした。

 

高校の部活動を引退した時はD判定。

 

センター試験の模擬試験で例えると900点中180点。。。

しゅんぺー

絶望的な点数だということは分かる人にはわかると思います。笑

しかし、がむしゃらに勉強してA判定まで点数をあげて、香川大学に入学しました。
(一応、地方の国立大学です)

 

点数で言えば580点でした。

 

そして、やっぱり大学時代の大半も部活動に捧げた日々でした。

みんなが遊んでいるときに練習をして、みんなが休んでいるときに試合をして、部活動に捧げた青春時代がそこにはありました。

 

プライベートの大半をバスケットボール費やした私は心の片隅に、

 

「このまま学校の先生になってまたプライベートもなく働くんだろうな」

 

という思いを抱きながら、社会人へのカウントダウンが始まりました。

自由という選択肢ができた初の海外旅行

社会人になるまであと数ヶ月。

 

最後の思い出作りに友人と卒業旅行で、スペインのバルセロナに行きました。

 

初の海外旅行でした! もう見るもの全てが新鮮で、ワクワクが止まらなかったんですね。
(絶対に動かないパントマイマー。チップをあげれば動きます。笑)

 他にも、ご飯を注文するのもメニューに何を書いているのか分からなければ、言葉も通じない。

 

電車に乗ることも文字が読めないだけじゃなくてスリに遭う危険性がある。
(バルセロナは世界ナンバーワンのスリの地域。巧妙なんですよ。笑)

 

でも、それらが不自由ではなく『自分の今まで住んでた世界って小さかったのかも』っていう未知の世界が広がっていることへのワクワクだったんです!

 

いろんな本を読んで、よく「海外を見ろ」というフレーズが出てきますが、海外を見て私の中でも選択肢が増えました。

 

それは”自由”という選択肢です。

 

社会で働く事を目前に、しかも教育実習などでブラックな部分を垣間見ながらそれでも教育の道に踏み出そうとする私には衝撃でした。

 

職場に箱詰め状態の日本とは全く違う景色が広がっていました。

 

バルセロナでは、平日の昼間っから公園でのんびりくつろいでいる大人がたくさんいるんですよね。

 

それが不思議でたまりませんでした。

 

大人になっても仕事だけで人生が完結せずに、自分のライフスタイルを確保している大人がいることがすごいと思いました。

 

そののんびり感がよくて滞在期間の5日間は毎日公園に足を運びました。
(もうバルセロナが終わっちゃう。もう社会人になっちゃう。と思いながら名残惜しく散歩をしている様子)

(また世界中を旅して、ニューヨークのど真ん中とかでこんな調子に乗ったポーズもやりまくりたいなと思っていました。)

 (また、バルセロナに行ってのんびりしたいな。てかもっと世界を見たい!)

社会に足を踏み入れる間近にして、『働きながら自由が手に入るなら、絶対に自由を選択をしたい』と正直、心が揺れ動いていました。

 

大学の卒業旅行にして初めての海外旅行で、 平日の昼間から公園でのんびりできるような大人像をみてしまったから。

 

働き方には自分が知っている以上に多様性があるのかもと感じつつあったから。

 

しかし、それらの”自由”という選択肢の可能性に気づいたものの、時すでに遅しで厳しくエゲツない社会人生活がスタートするのでした。

想像以上の教育現場のエゲツなさ



大学を卒業するやいなや、働くための準備を何一つすることなく、4月1日から不安と希望を抱きながら勤務する中学校に向かいました。


全く知らない先生方ばかりで、右も左も上も下も分からない職員室で、気を使いながらも何をしていいのか分からないという状況でした。


それでもやることはやらないといけません。


1年生の学級担任を入学式の一週間前に任命され、あっという間に壮絶な教師生活が幕を開けました。


入学式が終わったと思えば、4月末に授業参観と家庭訪問。


五月末には運動会と、次から次へと行事が押し寄せてくるんですね。


消化しきれないうちに行事が終わっていってしまいます。


特に家庭訪問は1年生の保護者ということで子供がうまくやっていけるかなど不安がある時期です。


しかし、私にそれを考える余裕はありません。


次の訪問に間に合うようにさっと終わらせないといけない時間管理や


学校から「これだけは保護者から聞いとけリスト」みたいなのを渡されていて、それの取りこぼしがないかを考えていることとか。


いっぱいいっぱいで逆に保護者の方に申し訳ないくらいでした。


もはやこなしていくだけの行事たちでした。


部活動でバスケを指導することが夢だったにも関わらず、指導を任されたのはサッカー部。


学校の不良が集まるサッカー部だったので、それを若い力で変えてくれという狙いだったみたいです。


そもそもサッカーなんてよくわかってないし、戦術なんて教えられません。


そんな部活を土日も休みなしで指導する日々でした。
(毎週のように試合があるんです。。。)


結果的にはその子たちが真面目に練習をして、態度もある程度改めてもらって、県一位になるための土台づくりに貢献できたので勉強にはなりましたが、


若手にこれをやらせる教育制度ってやばいなって思います。


だって普通不良を更生していく過程をみてから指導したくありません?


若手にこれをやらせることは完全に博打だと思うんですよね。


もしかしたら指導の過程で鬱になってたかもしれないし、体罰してたかもしれないし。


学校は必ずしも先生一人一人を守ってくれないんじゃないか?


とも思い始めた時期でした。


そして、平和な学校ではなかったので放課後の部活の後は、生徒指導と家庭訪問がほとんど毎日のようにある平日でした。


部活動の朝練も含めたら朝5時半から夜10時まで学校で過ごしていました。


彼女や友人と約束していても生徒指導で約束をドタキャンしたり、大幅に遅れたりで自然と彼女や友人との距離も遠ざかっていきました。
(彼女とは結局いろんな理解を得られずうまくはいきませんでした。)


そんなしんどくてしんどくて仕方がない日々だったのですが、


どうしてそれが続けられたのか、これは単純で「みんながやっているから」なんですよね。


ここで言うみんなっていうのは、職員室の中にいる仲間意識の強い先生たちだけのことです。


視野が狭くなっていて、その時はそれが全ての大人のように見えていたんですね。


「みんなが夜遅くまで仕事をしているから自分も仕事をしよう。休日も仕事をしよう。」


「みんなは弱音を吐かずに働いているから、自分も弱音を吐いてはいけない。」


こんな日本人特有の集団意識の中で、自分を押し殺しながら仕事をしていました。


「こんな働き方をあと35年も絶対に続けられない」という思いはありながらも他に選択肢がなくズルズルと続けていました。

教師以外の道が見えたきっかけ


教師を続けて3年を過ぎた頃いくつかのことが見えてきました。

  • プライベートな時間はこれからも得られない。
  • 周りの教師は毎年同じような愚痴や話題で盛り上がっていて面白くないと思う時がある。
  • 学校(職場)に行くとなぜか毎朝お腹が痛くなる。

そして、ある日私は教師という職を失いました。


採用試験には受かっていない臨時教師という立場だったからです。


将来教師を目指している人なら、「仕事がなくなってやばい」と思うかもしれませんが、私の心はその真逆でした。


『もう学校に行かなくていいんだ。』


本当にホッとしました。


もうボロボロの状態だったので、働かないことが最高でした。笑


でも、最高という余韻にはずっと浸っていられません。


働かないとお金は減っていく一方です。


そこで閃きました!


『身の周りの不要品を売っていこう。これは少なからずお金になるはず!』と。


そこから、メルカリやヤフオク、ラクマで不要品を売っていく日々が始まりました。

そして、ノマドワーカーになるという第二の人生が始まりました。

不要品販売からノマドワーカーへ!

家にある不要品という不要品は全て販売しました。

 

特に教師時代に使っていたものは全て売りました。

 

教育書や使わなくなった審判服、自分の着なくなった服など手当たり次第に販売しました。

 

するとひと月に3〜5万円の利益を得ることができました。

 

教師を辞めたすぐで次に何の職業をするのか決めていないそんな状況で、見えた唯一の希望でした。

 

正直、このままどこかに就職したり別の学校で勤めてもまた同じように夜遅くまで働いて、自由に時間をコントロールはできないだろうなと思っていたので、

 

僕としては本当にいい時期に収入を得る方法を見つけたなと思います。

 

個人でネットで販売できることがわかったので、あとはそれで生活できる(収入を得る)方法がないかなと思って、スマホや書店でめちゃくちゃ調べました。

 

そこで出会った一冊の本がわかりやすくて僕にもできそうだなと思ったのが、輸入ビジネスでした。

 

しかもパソコン1台でそれらの仕事を完結させていて、世界中を全てオフィスにしているという

 

夢のような生活を実現していてうらやましく思えたのを覚えています。

 

そこからは独学で輸入ビジネスに挑戦する日々でした。

 

しかし、そんなに簡単には結果は出ませんでした。

 

ひと月に3万円の収入が限界くらいだったんですよね。

 

これじゃいかんということで、当時僕がしたい!と思っていた生活を実現していた方に輸入ビジネスのことからブログの書き方まで全てを学びました。

 

部活時代の根気が戻ってきて、やると決めたらやり切る気持ちで、本気で学んだ末にノマドワーカーになることができました。

 

今では、その学んできたことや自分の体験を広く発信していく立場に今はなっています。

このブログを作った理由

僕がこのブログを作ったのは自分に大好きな旅ができる時間ができたからです。

 

旅に出て、いろんな人に会って、いろんなものを見て、それらをまた自分に還元していく。

 

せっかくパソコン1台でできる仕事をしているのでその利点を活かさない手はありません。

 

日曜日の夕方に「また明日も仕事か〜」と嘆くこともなくなり、毎日が休日のように過ごせていますからね。

 

一つのライフスタイルの形を世間の人に知っていただくためのブログでもあります。

 

そして、ゲストハウスは国際交流の場でもあるのでそこは毎回すごく楽しみです。

 

どんな人に会えるのかどんな話を聞くことができるのか、いつもワクワクして旅に出ます。

 

それだけ人に興味を持ち、好きになれるのも自分の特徴かと思い、当ブログを書き始めました。

これからやりたいこと

これからやっていきたいことは旅に出まくって いろんなものを見て、いろんな人に会いたいですね。

 

旅の模様はブログだけでなく動画でも発信したいと思っています。

 

仕事での夢もプライベートでの夢も一つずつ叶えていきたいなと考えています。

 

そして、さらに自由になることですね!

 

また読者さんのためになることも随時行っています。

 

ブログの書き方、輸入ビジネスの収益化などなどコンサルティングも行っています。

 

相談は無料ですのでこれを機会にブログを書いてみたいという方はおっしゃってくださいね。

パソコン1台で収入源が作れる。パソコン1台で自由になれる人が増えてくれると嬉しいです。

 

そして、会社に縛られない自分が思う理想の生き方ができる人が増えてくれればと思います。